女性のフェラが気持ち良くない!?その理由と改善方法

オナホール
※本ページにはプロモーションが含まれています

「彼女のフェラでイケない」

「フェラ自体そんな気持ち良くない」

「どうやったら気持ちいいフェラができるのか」

このような悩みを持っている男性は多いと思います。

彼女にフェラをしてもらい、気持ちいいと感じるが射精までは行かない人。そもそも、彼女のフェラが気持ちいいと感じない人。様々だと思います。

また、風俗嬢にフェラをしてもらってもあまり気持ち良くない。

しかし、挿入したら気持ちよく、射精もできるので、自分がEDや射精障害などの病気なのではないかと不安になっている人もいると思います。

そんなフェラで気持ちよくなれない人に向けて、気持ちよくなれない理由とその改善方法を解説したいと思います。

この記事で得られる情報
  • フェラでイケない人の悩み
  • フェラが気持ち良くない理由
  • 気持ちよくなるための女性・男性の改善点
  • 気持ちいいフェラを体験する方法

フェラでイケない男性の悩み

精神的な悩みと物理的な悩みがあり、どちらもすぐに治るものではありません。

フェラでイケないと後で気まずい

多くの男性が、彼女のフェラでイケないことで精神的に悩んでいます。

フェラをしてもらっているのに、気持ちよくなく、長時間経過しても全くイケずに適当な理由をつけて終わるという経験をした人もいると思います。

フェラでイケないと、彼女が自分のフェラは気持ち良くないと考えて自信を無くしてしまう事やこれからフェラをしてもらえないかもしれないという事が頭をよぎります。

これにより、フェラの快感に集中できず、もっとイケなくなってしまうという悪循環に陥ってしまうので、ここから抜け出せずに悩んでいる男性もいると思います。

刺激が弱く感じる

フェラ中の刺激が弱く感じることも、男性がイケない原因の一つです。

これは、物理的に男性のペニスの感度が鈍くなっている事が主な原因だと考えられます。

他にも精神的なものも考える事はできますが、ほとんどの場合はペニスの感度の問題です。私もそうでした。

彼女にフェラをしてもらっても、ちょっとだけ刺激を感じるが気持ちいいわけではないというような感覚だと思います。

これについての改善方法は後ほど詳しく解説します。

フェラで気持ちよくなれない理由

オナニーのやりすぎ

頻繁にオナニーをすることで、自分の手に慣れてしまい、セックスやフェラの刺激に対して鈍くになることがあります。

特に、強い握力でのオナニーは、フェラのような柔らかい刺激では満足できなくなる原因になります。

また、舌で舐められる刺激はフェラよりも弱いので、ほとんど何も感じないという事が起きてしまいます。最終的にはカリでしか刺激を感じ取ることが出来なくなるペニスになってしまいます。

AVの見過ぎ

AVを頻繁に見ることで、実際のセックスやフェラに対する期待が高まりすぎることがあります。

AVは見ている人を興奮させるための動画であり、現実とは異なることを理解する必要があります。

毎日のようにAVを見ることで、実際にフェラをする時に視覚的な刺激やエロさが足りずに気持ち良くないと感じてしまう場合があります。

どうしてもオナニーをするときにAVを見たくなるかもしれませんが、AVの中でも激しいプレイではなく、日常のセックスと近いものを見るようにすることも重要です。

彼女のテクニック不足

気持ち良くない理由として彼女のテクニック不足も上げることが出来ます。その主な次の3つが考えられます。

  1. 強弱の差がない
  2. 手を使わない
  3. 焦らしなどが無い

強弱の差がない

フェラの際に舐められたり、奥に挿入したり、バキューム感があったりと刺激に変化がなければ、気持ちいいと感じないことも多いです。

彼女のフェラはこのような強弱やリズムがあるかを考え、もし、強弱があったと思ったら原因は彼女ではないかもしれません。

手を使わない

フェラの際に手は自分の体を支えるためだけに使用しており、玉を触ったりたまに手コキを挟んだりしない場合は、彼女のテクニック不足で気持ち良くないのかもしれません。

焦らしなどがない

フェラの際にいきなりフェラを初めて、玉をなめたり裏筋を舐めたりする焦らしプレイがなけば、男性は興奮しない場合があります。

このようなプレイがないから興奮しないという人は自分が原因ではなく、彼女のテクニック不足が気持ち良くない原因かもしれません。

フェラを気持ちよく感じるには?

オナニー頻度を減らす

オナニーの頻度を減らすことは、フェラでの快感を高めるための一つの方法です。頻繁なオナニーは、ペニスの感度を鈍らせることがあります。

これを防ぐために、オナニーの回数を週3くらいに減らしてみてください。

もし、現在週に3回だという人は頻度の問題ではなく、オナニーの際の刺激の強さが原因で感度が鈍くなっており、フェラで感じにくくなっていると思われます。

回数はそのままで、ローションを使用して優しく握るオナニーに切り替えてみてください。2か月くらいその生活を続けていれば何か変化があるはずです。

参考までに私は、弱く握ってローションを使用したら1か月で感度が良くなりました。

様々な体位を試してみる

  1. 69(シックスナイン)
  2. 立ちフェラ
  3. 仰向けフェラ

上記のようにフェラ中の体位を変えることで、気持ち良さや興奮を増すことができます。

この中でもおすすめの体位は69です。

AVの見過ぎで視覚的に興奮しなくなった人も、ペニスの感度が良くない人も女性のアソコを目の前にして舐めていると興奮して、感度が良くなります。

その興奮でフェラも気持ちよくなり、イク事ができる人もかなり多いと思うので試してみてください。

立ちフェラや仰向けフェラは体位を変える事により新鮮さがあり、初めての事をしている気分になれるので、気持ちよく感じることもあるかもしれません。

フェラオナホを使用する

気持ちいいフェラを体験する方法として、フェラオナホを使用することもおすすめです。

これはただオナニーの際に使用するオナホールですが、裏筋舐め、舌ピアス、ディープスロートなどフェラの全てを体験することが出来ます。

今までフェラが気持ち良くないと感じていた人もプロのフェラのようなフェラオナホの刺激で気持ちいいフェラができるかもしれません。

また、感度が鈍い人がこのオナホを使うことで感度が良くなることも多々あるので、フェラで気持ち良くなる為に使用しない手はないと思います。

まとめ

フェラが気持ちよくないと感じる理由やその改善方法は他にもたくさんあり、人それぞれで違うので今回、本記事でまとめた内容が参考に自分なりの改善案などを試してみてください。

ほとんどの場合はオナニーの頻度や刺激の強さが原因で気持ち良くないと感じているので、まずはフェラオナホを使用したりしてオナニーの見直しを行って見てくださいね。